Skip to main content

Azureワークロードの管理


Microsoft
Enrollment is Closed

このコースに関して

Azureワークロードの管理、ITプロフェッショナルがAzureワークロードの管理に使用できるツールの一部を理解するのに役立ちます。

このコースでは、まずログ解析を見ていきます。Log Analyticsは、クラウド環境とオンプレミス環境のリソースによって生成されたデータを収集および分析するのに役立つOperations Management Suite(OMS)のサービスです。あなたにリアルタイムの洞察を与え、統合された検索ダッシュボードとカスタムダッシュボードを使用して、物理的な場所に関係なく、すべてのワークロードとサーバーで数百万のレコードを簡単に分析できます。

次に、オペレーショナルインサイトを実装する方法を見ていきます。実行可能な洞察を得るために、すべての情報を1つのビューにまとめます。ほぼすべてのWindows ServerおよびLinuxソースからログデータを収集、保存、分析する方法がわかります。このデータ分析機能により、柔軟な検索とカスタマイズ可能なアラートによるインシデントの迅速な解決が可能になります。

モジュール3では、AzureのWindows Server 2016に基づいて新しいNanoサーバーを展開する方法を検討します。

私たちはモジュール4で、Azureの請求とサブスクリプション管理の概要を説明します。

要件

学習者は、サービスおよび使用法モデルを含めクラウドコンピューティングについての一般的な理解を持つことが推奨されます。

学習者は単純なWindows PowerShellコマンドにアクセスし使用する良好な基礎力を持つことが推奨されます。

学習者は、Azure PowerShellを含むAzureサービスおよびコンポーネントに対する基本的な理解があることが推奨されます。

よくある質問

どんなウェブブラウザを使うべきですか?

Open edXプラットフォームは、現在のバージョンのChrome、Firefox、Safari、またはInternet Explorerバージョン9以上で動作します。

最新の情報については、サポートされているブラウザの一覧 をご覧ください。

  1. Course Number

    AZURE209x_JPN
  2. Course Mode

    Self-Paced
  3. Estimated Effort

    合計16~24時間